掃除が楽しくなるおすすめコードレス掃除機【クリック】

嵐が活動休止!休止理由と今後のライブはどうなるの?情報まとめ

国民的人気グループの嵐が2020年を持って活動を休止することを発表しました。

そのことについて嵐のファンクラブ会員である私が情報をまとめます。

嵐の活動休止はいつ

嵐の活動休止は2020年末です!

2020年12月31日をもって活動を休止するとのことです。

同時に大野智さんは芸能活動中止となります。大野智さんがいつまで活動を休止されるのかということについては発表されていません。

ただ引退ではなく『休止』ということなので今後活動を再開する可能性はありそうですね。

ライブはどうなるの?

嵐は現在公演数を大幅に増やしたツアー最中です。

活動休止は2020年末ということで現在開催されているツアーはそのまま開催されます。

ARASHI Anniversary Tour 5×20 追加公演

追加で発表されたのは2019年内に実施される32公演。これでアニバーサリーツアーは全50公演・総動員数237万5,000人となります。

愛知 ナゴヤドーム(4月)

4月13日(土) 18:00-
4月14日(日) 15:00-

東京ドーム(4月)

4月18日(木) 18:00-
4月19日(金) 18:00-
4月20日(土) 18:00-

福岡ヤフオク!ドーム(4月)

4月28日(日) 18:00-
4月29日(月・祝) 12:00-

北海道 札幌ドーム(5月)

5月17日(金) 18:00-
5月18日(土) 18:00-
5月19日(日) 16:00-

大阪 京セラドーム大阪(8・9月)

8月30日(金) 18:00-
8月31日(土) 18:00-
9月1日(日) 16:00-

東京ドーム(10月)

10月30日(水) 18:00-
10月31日(木) 18:00-

北海道 札幌ドーム(11月)

11月14日(木) 18:00-
11月15日(金) 18:00-
11月16日(土) 16:00-

大阪 京セラドーム大阪(11月)

11月21日(木) 18:00-
11月22日(金) 18:00-
11月23日(土・祝) 15:00-

東京ドーム(11・12月)

11月29日(金) 18:00-
11月30日(土) 18:00-
12月1日(日) 18:00-

福岡ヤフオク!ドーム(12月)

12月6日(金) 18:00-
12月7日(土) 18:00-
12月8日(日) 16:00-

愛知 ナゴヤドーム(12月)

12月13日(金) 18:00-
12月14日(土) 18:00-
12月15日(日) 15:00-

東京ドーム(12月)

12月24日(火) 18:00-
12月25日(水) 18:00-

嵐の活動休止理由は?

大野智さんのコメントから活動休止の発端は大野さんからのようです。

2017年6月中旬にメンバーに自分の気持ちを伝え、活動休止の話し合いが行われるようになったとコメントされています。

大野智さんは「一度何事にも縛られず、自由な生活がしてみたい」ということなので、嵐としての多忙な生活は大変だったことが伝わります。

嵐のスケジュールは芸能界に携わっていない私ですら過酷さを感じます。先ほどの追加公演にも驚きですが、それに加えてメンバー個々で抱える番組やグループのレギュー番組も多数あり、かなりハードスケジュールであることがわかります。

これだけ忙しければ自分のプライベートを少し確保したいという気持ちがあるのも十分わかりよね。釣り好きで嵐の中でもマイペースなイメージがある大野さんらしい気もします。

他のメンバーとも十分に話し合ったとのことなので、他のメンバーも大野さんの気持ちをよく理解した結果なのだと思います。

また、相葉雅紀さんは「決して仲が悪くなった訳ではありません」とコメントしているので、メンバーの絆強いゆえの決断だったのでしょう。

一人でも欠けてはダメだというようなコメントもされています。仲の良いイメージが強い嵐らしい休止理由です。

活動休止の発端となった大野さんのコメント(一部)

20176月中旬、僕はメンバー4人に集まってもらい自分の気持ち、思いを話しました。

その内容は、2020年を持って自分の嵐としての活動は終えたいと。

 

大野智さんのコメントの一部

まとめ

全く想像していない事態で正直驚いていますが、第一線を20年も走り続けた嵐は本当にすごいです。

ファンの方は辛いかもしれませんが、決して解散ではなく、メンバーの仲が悪くなった訳でもないので今後復活ライブが行われることも十分考えられます。

また、ジャニーズ事務所は嵐の後輩グループも多くあるので、後輩に活躍の場を与える為にも決して悪くない判断だと思います。

今後のメンバーの活躍に期待しつつ、活動再開を楽しみに待ちましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です