新型iPhone SEについてはこちら

Anker Nebula Capsule IIレビュー!ホームシアターが手軽に作れるおすすめプロジェクター

自宅で映画を快適に見たい!

ホームシアター環境を作りたい!

キャンプ場で映像を楽しみたい!

そんな方におすすめなのが「Anker Nebula Capsule II」です。

Anker Nebula Capsule IIの特徴
  • 持ち運べるプロジェクター
  • Android TVを搭載
  • 最大100インチの迫力ある映像を写せる
  • バッテリー搭載で外出先で使える

コンパクトなので画質には期待していませんでしたが、かなり高画質で驚きました。

Anker Nebula Capsule II」は憧れのホームシアターが簡単に楽しめるコンパクトプロジェクターです。

それでは早速レビューしていきますので、興味のある方はぜひチェックしてみてください!

Anker Nebula Capsule IIを使った評価

まずは結論から紹介!

Anker Nebula Capsule IIは高性能・コンパクト・Android TV搭載と全ての面で完璧なモバイルプロジェクターです。

他にもモバイルプロジェクターはありますが、これを買っておけば間違いないと言える性能で、かなりおすすめできます。

スペックをチェック

Anker Nebula Capsule II
サイズ高さ:約150mm
直径:約80mm
重量約740g
バッテリー容量9,700 mAh
動画再生時間約3時間
スピーカー8W
輝度1280 x 720 画素
解像度200 ANSI ルーメン
フォーカスオート

消費電力が大きいイメージのあるプロジェクターがバッテリー駆動できるのは凄いですよね。

外出先で約3時間使えるので映画1本を丸々楽しめます。

自宅では充電器を使うことで電源駆動が可能です。

解像度は720pとなっており、少し低いのかなと心配していましたが、解像度の心配は無用でした。

映画館のような高画質で映像を楽しむことができます。

このコンパクトなプロジェクターでここまで綺麗に写せるのが驚きです。

ライター
本当に大満足の1台です!
Anker Nebula Capsule IIの評価
解像度
(5.0)
サイズ
(5.0)
音質
(4.5)
価格
(3.5)
バッテリー
(4.0)
総合評価
(4.5)

Anker Nebula Capsule IIレビュー

Anker Nebula Capsule II」を詳しく紹介していきます!

外観レビュー

まずはパッケージから!

パッケージはこのような感じで、高級感のあるボックスが印象的です。

裏側はスペック等を記載。

箱はこのようになっているので、使い終わった後の保管にも最適です。

充電器も収納されており、コンパクトな箱に綺麗にまとまっている感じが良かったです。

付属品
  • 本体
  • Power Delivery対応USB充電器
  • リモコン
  • USB-Cケーブル
  • 説明書

付属品は以上となっており、必要な物は全て揃っています。

リモコンの電池は単四電池2本です。

本体上面は簡単に操作ができる操作パネルを搭載

リモコンがなくても操作可能です。

背面のボタンは1番上が「赤外線レシーバー」2番目が「切替ボタン」3番目が「電源ボタン」となっています。

切替ボタンはBluetoothスピーカーの切替などができます。

映像のフォーカスは手動ではなく、自動のオートフォーカスに対応。

設置場所を買えると自動でフォーカスを合わせてくれます。

底面は通常の三脚穴を搭載。

三脚に取り付けて利用できるので、場所を選ばず自分の好きな場所に設置できます。

ライター
設置場所を自由に変えられるので三脚穴はかなり便利です!

端子は「USB-C」「USB-A」「HDMI」「イヤホンジャック」を搭載しています。

HDMIを使うことでパソコンの画面を写すことができるので、ビジネスにも最適です。

AirPods Proと比較するとこんな感じ。本当に片手サイズのコンパクトボディです。

大きいイメージのあるプロジェクターですが、このサイズがこれ程綺麗な映像を写せるのが本当に凄いです。

重量は766gなのでキャンプや、ビジネスで持ち運ぶことも簡単です。

USB-PD対応の充電器が便利

Anker Nebula Capsule IIには30WのUSB-PDに対応した「Anker PowerPort Speed 1 PD 30」が付属されています。

Anker Nebula Capsule IIだけでなく、他のデバイスも充電が可能。

Lightning – USB-Cケーブルを使うことで高速充電に対応したiPhoneを30分で50%充電することもできます。

Anker Nebula Capsule II本体は約2.5時間でフル充電することができます。

電源ボタンは3色に光るようになっておりそれぞれの状態は以下の通り。

MEMO
  • 青色→バッテリー駆動時
  • 赤色→充電中
  • 緑色→フル充電(充電完了)

Android TV搭載が便利

Anker Nebula Capsule IIは世界で初めてAndroid TVを搭載したモバイルプロジェクターです。

Android TVを搭載することによって以下のようなメリットがあります。

Android TVの魅力

Google Playが使えるので多数の動画配信サービスに対応しています。

自分が普段から使っている動画配信サービスを使って大画面で楽しむことができるのが便利です。

音質がよく映画館の迫力を体感できる

Anker Nebula Capsule IIはパワフルな8Wスピーカーを搭載しているので、外付けのスピーカーを用意しなくても迫力ある音を楽しむことができます。

実際に映画を見てみましたが迫力あるサウンドで映画を十分に楽しむことができました。

僕は音にそれほどこだわりはありませんが、テレビで見るよりも迫力があって映画館にいるような臨場感がありました。

リモコンと音声入力で操作が楽

Anker Nebula Capsule IIはリモコンが付属しているので、離れた場所からも楽々操作ができます。

スマホ向けの専用アプリもありますが、軽くて持ちやすいリモコンが使いやすかったです。

また、リモコンだと文字の入力が不便ですが、音声入力に対応しているので便利。

主な目的が映画やドラマのタイトルを入力する使い方なので、音声入力の精度も高く、素早く検索が可能です。

リモコンと音声入力の組み合わせがかなり便利でした。

場所を選ばないので快適

片手サイズのコンパクトサイズで、白い壁さえあればどこでも綺麗に写せるので、大画面のテレビをどこでも持ち出せる感じです。

天井に写すことで、夢だった完全に寝た状態で映画を楽しむことも可能。

サイズは投影する距離によってサイズ変わり、壁に近づけるほど小さくなり、離れるほど大画面になります。

天井に写すとかなりの大画面になるので、迫力ある映像を楽しむことが可能です。

ライター
家での生活がかなり充実し、自宅にシアタールームという夢も簡単に実現できます!

価格は約6万円と安くはないですが、自宅でシアタールームを作ると考えれば安いのでおすすめです!

Anker Nebula Capsule IIと他のプロジェクターを比較

Anker Nebula Capsule II」を他のモバイルプロジェクターと比較します。

項目サイズ重量バッテリー動画再生時間スピーカー輝度解像度フォーカスOS価格
Anker Nebula Capsule II
高さ:約150mm
直径:約80mm
約740g9,700 mAh約3時間8W1280 x 720 画素200 ANSI ルーメンオートAndroid TV 9.059,800円(税込)
Anker Nebula Capsule Pro
高さ:約120mm
直径: 約68mm
約470g5,200mAh約4時間5W854 x 480 画素150 ANSI ルーメンマニュアルAndroid 7.146,800円(税込)
Anker Nebula Capsule
高さ:約120mm
直径: 約68mm
約470g5,200mAh約4時間5W854 x 480 画素100 ANSI ルーメンマニュアルAndroid 7.132,999円(税込)
Anker Nebula Apollo
高さ:約131mm
長さ:約65mm
幅:約65mm
約579g9,750mAh約4時間6W854 x 480 画素200 ANSI ルーメンマニュアルAndroid 7.139,999円(税込)
Anker Nebula Mars II
高さ:約122mm
長さ:約137mm
幅:約178mm
約1476g12,500mAh約4時間10W×21280 x 720 画素300 ANSI ルーメンオートAndroid 7.169,800円(税込)

どれを買えば良いのか迷うかもしれませんが、サイズ、解像度、使いやすさなどこの記事で紹介した「Anker Nebula Capsule II」一番おすすめです。

価格は少し高いですが、少し頑張ってでも「Anker Nebula Capsule II」がおすすめ。

他のモデルより解像度が高く、コンパクトなので後で後悔しない為にも性能的にも1番魅力があります。

また、Android TVを搭載しているのは「Anker Nebula Capsule II」だけです。

Anker Nebula Capsule IIはホームシアターが手軽に作れる

この記事では「Anker Nebula Capsule II」について紹介しました。

一般家庭にプロジェクターはどうなのかなと思っていましたが、想像以上にコンパクトで、かなり解像度が高くて驚きました。

これなら憧れのシアタールームを手軽に作ることができます。

さらに場所を選ばないので、白い壁があればどこでもシアタールームを作ることが可能。

自宅だけでなく、キャンプで使うのもかなり楽しいと思いました。

映画好きは必須のアイテムと言っても過言ではない程、満足できる製品なのでぜひチェックしてみてください!

Anker Nebula Capsule IIの特徴
  • 持ち運べるプロジェクター
  • Android TVを搭載
  • 最大100インチの迫力ある映像を写せる
  • バッテリー搭載で外出先で使える

また、高い買い物になるので実際に使ってみたい方はレンタルがおすすめ。

Rentio(レンティオ)」ならスマホで簡単にレンタルでき、自宅で返却することも可能です。

レンティオで実際にレンタルしてわかった口コミと評判を徹底レビュー

Anker Nebula Capsule IIは三脚があるとさらに便利に使えます。おすすめの三脚はこちら

以上。「Anker Nebula Capsule IIレビュー!ホームシアターが手軽に作れるおすすめプロジェクター」でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。