【初心者向け】ロードバイク購入後に買った物まとめ

f:id:maturikun:20170523155837j:plain

こんにちは!

この記事を読みに来ていただき、ありがとうございます。

今回は僕がロードバイクを買った後に購入したアクセサリーを紹介します。

 

 

 

ロードバイク

 

 私が買ったロードバイクはこんな感じです!

ロードバイク一式で約230,000円。その他アクセサリーは20,000円程購入しました。

メーカー

ANCHOR(アンカー)

モデル

RS8 EPSE

素材

カーボン

コンポーネント

SHIMANO 105

 

購入したアクセサリーを紹介します。

 

Lock(鍵)

 

f:id:maturikun:20170523161437j:plain

 

ロードバイクはブリヂストンブランドのAnchorを購入しましたが、アクセサリーはGIANTで揃えようと思っていたので、ほとんどGIANT製です。

 

この鍵はケース付きでドリンクホルダーに収まるように設計されているので、携帯も簡単でとても気に入っています。

f:id:maturikun:20170523162059j:plain

ケースから取り出すとこんな感じです。シンプルな3桁のナンバー式の鍵で、出先で鍵を無くすという心配がありません。

長さもかなりあるので、いわゆる地球ロックをすることも可能です。

ホイール2本とフレームを結ぶことができるので安心感も増します。

 

f:id:maturikun:20170523162200j:plain

鍵の番号も任意の番号に変更することが可能です。 

 

  • 鍵を無くす心配がないナンバー式
  • 地球ロックができるワイヤー長さ
  • ボトルでの携行が可能で携行が簡単

 

Amazonの商品リンクを貼ろうとしたのですが、取り扱いがありませんでした。

代わりに似たような商品のリンクを貼っておきます。

 

サイクルコンピュータ CC-MC200W

 

f:id:maturikun:20170523164005j:plain

 

ロードバイクを買ったらサイコンはやっぱり欲しいですよね! 

僕はキャットアイのCC-MC200Wを購入しました。高機能のサイコンが多くある中、予算の関係から最低限の機能がある物で良いかなと思い、このモデルを購入しました。

 

4,500円で十分な機能が備わっていて、正確性もあるのでコスパはかなり良いと思いまます。使用感も良いので満足しています。

 

f:id:maturikun:20170523164944j:plain

 

 センサーはここに取り付けています。スポークに取り付けている小さいセンサーが通ることで計測されます。

 

  • アナログワイヤレス
  • 速度:走行速度、平均速度、最高速度
  • 時間:走行時間、ストップウォッチ(オートモード使用時のみ)
  • 距離:走行距離 1/2、積算
  • 時刻:12/24時間表示選択可能、ナイトモード付きバックライト
  • ペースアロー
  • 積算距離入力
  • 2タイヤ周長セット
  • ClickTec+
  • オート/マニュアルモード切替可能
  • プログラマブルディスプレイ ファンクション選択
  • メニュースクリーン搭載
  • サイズ/重量:本体 53.5×36.0×17.5mm/本体 26g(電池含む)
  • 電源/電池寿命:本体CR2032×1個/約1年スピードセンサーCR2032×1個/積算距離で約10,000km
  • 付属品:アナログスピードセンサー、FlexTightブラケット

 

 ロードバイクに取り付けるキットも付属されているので、購入して初期設定するとすぐに使うことができます。

 

サドルバック

f:id:maturikun:20170523165849j:plain

ロードバイクを買ったらやっり欲しい

 サドルバックに憧れがあったので購入しました。

GIANTのサドルバックを購入しました。サドルバックの中には、簡易ツールとタイヤ外し、予備チューブが入っています。

こちらもAmazonでの取り扱いなし!

Amazonは自転車製品に弱いのかもしれません。

 

簡易ツール

 

僕が常にサドルバックに収納している物を紹介します。 

 

f:id:maturikun:20170523170401j:plain

右から

タイヤ外し
ミニマルチツール
予備チューブ

以上です。チューブはブリヂストン製で他はGIANT製を使用しています。

マルチツールは自転車専用の物なので、ロードバイクの調整に必要な工具は全て入っているので、とても便利です。専門的な物を買うのがオススメです。

こちらもAmazonでの取り扱いはありませんでした。

 

購入する場合はロードバイク専用のショップで購入するのが良いかもしれませんね。

近くに店がないことがほとんどですが…

僕はロードバイクを購入した際に車で何時間もかけてGIANTショップまで出かけました。

 

ボトルゲージ

f:id:maturikun:20170523171231j:plain

鍵を収納しているボトルゲージと、ドリンク用のボトルゲージの合わせて二つを取り付けています。

どちらもGIANT製で、青色のボトルゲージは固くないので、ドリンクの出し入れが素早くできます。

赤色のボトルゲージは、少し固くドリンクを取り出すのがスムーズじゃないので、鍵が入ったボルトを収納しています。

 

自分に合うボトルゲージの購入をオススメします!

 

まとめ

 

購入したアクセサリーは以上です。この他にロードバイク用のヘルメット(2万円)と、バイクスタンドを購入しました。

 

ロードバイク用の靴や、ウェア、手袋は、慣れてから購入しようとしていましたが、それまでにロードバイク熱が冷めてしまったので、結局購入していません。

自転車大好きな私が23万円のロードバイクに乗らなくなった理由

 

本当は一つ一つのツールを詳しく紹介してしたかったのですが、Amazonでの取り扱いが全くなかったので、中途半端な記事になってしまい申し訳ないです。

 

ロードバイクのアクセサリー等を購入する際は、専門店へ行って実際に物を見てからの購入をオススメします。

 

近所にないことがほとんどだと思いますが、プチ旅行のつもりで、遠くに出かけて見るのも良いと思います。初めてのロードバイク専門店は感激しました。

 

以上。最後までお読み頂きありがとうございました。