【カメラ初心者必見】一眼レフカメラの魅力まとめ!!

f:id:maturikun:20170630171408j:plain

 

この記事にお越しいただきありがとうございます!

 

やっぱりカメラは一眼レフカメラということですが、一眼レフカメラの競合相手とは『ミラーレスカメラ』です。

最近ミラーレスカメラがかなりの勢いでカメラ界に旋風を巻き起こしていますが、その旋風を微力ながら抑えるのと同時に一眼レフカメラの魅力を伝えれればなと思っています。

これからカメラを買おうと思っている人で『ミラーレスカメラ』と『一眼レフカメラ』どちらにするか迷う人もぜひ参考にしてください。

 

 

はじめに 

f:id:maturikun:20170623105720j:plain

 

ミラーレスとはこんな感じのカメラでカメラの中に鏡が入っていないカメラです。上位機種になると電子ファインダーを搭載していることが多いです。

 

f:id:maturikun:20170622194749j:plain

一眼レフカメラはこんな感じのカメラで、ミラーレスカメラより大きいです。中に鏡が入っていてファインダーを覗くとレンズ越しの風景が鏡を伝わって目に入ってくる光学ファインダーを搭載しています。

 

違いをまとめた記事はこちら↓

【カメラ初心者必見】ミラーレスと普通の一眼レフカメラの違いは?

 

 

一眼レフカメラの魅力 

 

今はミラーレスカメラに少し押され気味の一眼レフカメラですが、一眼レフカメラならではの魅力があります。

ここから一眼レフカメラの魅力ゴリ押しで紹介していきます!

 

光学ファインダー 

f:id:maturikun:20170702222927j:plain

 

リアルタイムを切りとれる

 

一眼レフカメラの光学ファインダーから覗いて見える景色は、鏡に反射されているリアルタイムの風景です。

ファインダー越しに見えているリアルタイムの風景をシャッターを切って写真に残すってかなりロマンがありますよね。これは一眼レフカメラならではの魅力です。

ミラーレスカメラの電子ファインダーはリアルタイムの映像ではなく、センサーから処理された映像が小さい液晶に写し出されています。大きな差はありませんが若干遅れた映像が表示されています。

 

 操作性が良い!

f:id:maturikun:20170702225252j:plain

 

設定ボタンが多くて撮影条件にこだわれる

 

 一眼レフカメラのサイズが大きのはボディ内部に鏡が入っている構造上小型化が難しいからなのですが、そのおかげで各設定ボタンが多く配置されています。

ミラーレスカメラだと設定を変えるたびに設定画面を表示させる必要がありますが、一眼レフカメラはボタンも多く、大きいので操作性が良いです。

慣れてくると撮影条件ごとにISO感度やシャッタースピードなど変更したくなる設定が多くなるのでこだわった写真を撮るときには操作性の良い一眼レフカメラが良いです。

 

大きくて良いこともある

f:id:maturikun:20170702230557j:plain

 

しかっり構えて手ブレ防止

 

 大きくて重たい為、敬遠されることもある一眼レフカメラですが、大きいボディサイズだからこそしっかりと構えた撮影をすることができます。

カメラに撮って手ブレは天敵でスペックに表記されている画素数を発揮する為には手ブレを起こさないことが大切です。

せっかく撮った写真がブレていて画質が悪くなっていた経験をしたことがある人も多いはずです。綺麗な写真を撮る為にはしかっりと手ブレを抑え込む必要がありますが、一眼レフカメラは持ちやすく、ファインダーを覗くことで自然と脇が締まり手ブレを抑えることができます。

長年研究を重ねられたデザインだからこその魅力が一眼レフカメラにはあります。

 

レンズの種類が豊富

f:id:maturikun:20170630170614j:plain

 

長年で積み重ねられた豊富な種類

 

ミラーレスカメラで使用できるレンズはまだ少ないです。一眼レフカメラのレンズは豊富な種類があり、価格の幅も広いので自分に合う1本を選ぶことができます。

ミラーレスカメラのレンズは増えてきているので今後この差はなくなるとは思いますが、今はまだまだ発展途上という感じはします。

 

見た目がカッコいい!

f:id:maturikun:20170407161956j:plain

 

人によって見え方は違うかもしれませんが、一眼レフカメラはカッコいいです。一眼レフカメラを構えると一気にプロっぽく見えることがありますよね?

やはりそれ程までに一眼レフカメラには威圧感があるのだと思います。カメラも趣味の世界ですから持っていて楽しいと思わなければなりません。

一眼レフカメラは「さぁ写真を撮るぞー!」という気持ちにさせてくれます。ミラーレスカメラと一眼レフカメラの性能差は縮まりつつありますが、カメラが持つロマンは一眼レフカメラの方が上手だと思います。

 

バッテリーの持ちがいい!

f:id:maturikun:20170623111807j:plain

 

一眼レフカメラはミラーレスカメラと比べ撮影できる枚数に大きな差があります。電子ファインダーを搭載しているミラーレスカメラは小さい液晶を常につきっぱなしにしているので、バッテリーの消耗が早いです。

一眼レフカメラの光学ファインダーは鏡に反射されている映像を見ているだけなので、バッテリーの持ちが良いです。

実際に上の写真の一眼レフカメラとミラーレスカメラのファインダー使用時の撮影可能枚数は約610枚も差があります。上の機種の場合だと一眼レフカメラの方が約610枚も多くの写真を撮影できるということです。

予備バッテリーを準備すれば良いのですが、荷物にもなりますし、別途買わなければならないので、バッテリー持ちは良い方が良いです。

 

 まとめ

 

性能差はほぼないが、一眼レフカメラならではの良さ、ロマンがある!

 

せっかくカメラを初めるならより本格的な撮影ができる一眼レフカメラでカメラデビューをしてみてはいかがでしょうか?

きっと満足のいく写真が撮れるはずです。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!