iPhoneに保護フィルムは必要ない!その理由と貼らないメリット紹介

f:id:maturikun:20180329105934j:plain

こんにちは!この記事にお越しいただきありがとうございます。

iPhoneを買ったらまず『保護フィルム』を買う方が多いと思います。私も同じで保護フィルムは絶対に必要だと思っていました。

しかし一度画面を割ってから保護フィルムの必要性に疑問を持つようになりました。

今回はiPhoneに保護フィルムは必要なのかということと、貼らないメリットを紹介します。

興味にある方はぜひご覧ください!

 

 

保護フィルムは傷しか守れない

f:id:maturikun:20180115212559j:plain

保護フィルムで画面の割れを防げると思ってしまいがちですが、保護フィルムは傷を守るものであって、衝撃からiPhoneを守るモノではありません。

よく画面が割れる原因としてあるのが、iPhoneを落下させてしまうことですが、本体の一部に強い衝撃が加わるとiPhoneのガラス液晶は簡単に割れてしまいます。

保護フィルムを貼っていても、飛び散ることはないと思いますが、保護フィルムの下側でしっかりとヒビが入ります。

保護フィルムを使っていた私の体験談

私は使っているiPhoneに保護フィルムを貼っていました。しかし画面にヒビが入ってしまったのです。

状況はiPhoneをズボンの後ろポケットに入れており、それに気づかずに地面に座ってしまいました。

衝撃としては大したレベルではありませんが、画面はしっかりとヒビが入っています。このように保護フィルムを貼っていても衝撃には全く耐えることができません。

 

保護フィルムが必要ない理由

f:id:maturikun:20180115224256j:plain

保護フィルムが必要ないと言える理由を紹介します。

  • 衝撃は防げない
  • それなりの価格がする
  • iPhoneのガラスはかなり頑丈

 

以上が必要ない理由です。

先ほども紹介しましたが保護ガラス・フィルムでは衝撃を防ぐことはできません。その為、衝撃が原因であることが多いガラス割れを防ぐことはできないのです。

そして価格も数千円と決して安い金額ではありません。

また用途のメインは液晶画面の傷の保護となりますがiPhoneの液晶ガラスはかなり強度なガラスが使用されている為そう簡単に傷がつくことはありません。

 

iPhoneの液晶ガラス強度

iPhoneの液晶画面は強度の高いガラス製です。

その為そう簡単に画面に傷がつくことはありません。ポイントはiPhoneのガラスと同等以上の硬さを持つ物質が当たると傷がついてしまうということです。

 

iPhoneに搭載されているガラスについては公表されていませんが、ゴリラガラスが採用されていると言われています。

ゴリラガラスとは、アメリカの業コーニング(Corning)社が開発した強化ガラスの 『商品名』で一般的なガラスと比較した際に剛性があり、強度の高いガラスを実現しています。

現在はゴリラガラス4まで出ているようですが、一般的なスマートフォンに搭載されているのは1世代前のゴリラガラス3と言われています。

 

ゴリラガラスの強度

公式で公表されていないのであくまで仮定となりますが、iPhoneにゴリラガラス3が搭載されていると仮定した場合、どれくらいの強度があるかを紹介します。

 

まずゴリラガラス3の強度についてですが、硬さを表す『ビッカース硬度』(単位はHv、値が大きいほど硬い)で見てみると、Hv650となっています。

次に日本の硬貨を例に見てみると1円玉のアルミニウムがHv45、10円玉の青銅がHv130、50円/100円/500円玉の白銅がHv170です。

ゴリラガラス3はHv650と小銭の硬さを大きく上回っているので、小銭と同じカバンのiPhone入れてしまっても液晶画面に傷がつくことはありません。

流石にカッターなどに使われている素材の硬さはゴリラガラスより硬い場合があるので傷がついてしまいますが、普段使いで傷がつく恐れはほとんどありません。

 

これがiPhoneに保護フィルムが必要ないと言える理由です。

場合によっては保護フィルムよりiPhoneの液晶ガラスの方が強い可能性もありますし、Apple純正の保護フィルムが出ていないのもiPhoneに保護フィルムは要らないとAppleが判断しているからなのではないでしょうか。 ちなみに純正のケースは出ています。

 

保護フィルムを貼らないメリット

f:id:maturikun:20180129211303j:plain

iPhoneの醍醐味と言えば本当に綺麗な液晶画面だと思います。

Retinaディスプレイはどのスマホよりも美しく表示してくれます。その綺麗な液晶にわざわざ液晶画面より遥かに安い保護フィルムを貼って美しさを損なっていないですか?

保護フィルムを貼らないメリットを紹介します。

画面が綺麗

よく店に展示されているiPhoneが自分が持っているiPhoneより綺麗に感じてしまうことはありませんか?

これは店のiPhoneがケースも保護フィルムもつけていない素のiPhoneだからです!

iPhoneはケースの種類が豊富な為あまり感じることが少ないと思いますが、iPhoneはそのもののデザインがとても綺麗で本来ケースをつけるべきではありません。

スティーブジョブズ自身もiPhoneはケースを付けずに使用して欲しいと言っていました。

液晶画面も同じで、綺麗な発色をするRetinaディスプレイをわざわざ画質が劣化するフィルムを貼ってしまうと綺麗に映るディスプレイが台無しになってしまいます。

ディスプレイは何も貼らないのが一番綺麗なのです!

 

耐指紋性撥油コーティングが施されている

iPhoneの液晶画面にはコーティングがされており、指紋が付きにくく、指紋がついても拭き取りやすくなっています。

また、このコーティングのおかげで指ざわりが滑らかになっています。

このようなコーティングが施されているのに保護フィルムを貼ってしまうと効果がないだけでなく、保護フィルムをつけることにより指ざわりも損なわれてしまいます。

 

ベゼルに段差がないのが良い

保護フィルムを外して感じたのですが、ベゼルに段差がなくなる為操作がしやすくなりました。

ゲームやネット閲覧で画面の端を触ることもあると思いますが、今までは保護フィルムの段差で操作がしにくかったです。

保護フィルムを外すことでベゼル部分に段差がなくなり画面の端もしっかりと操作することができるようになりました。小さなことですが本当に快適です。

 

まとめ

f:id:maturikun:20180109200747j:plain

iPhoneの保護フィルムを外してしばらく経ちましたが未だに傷もついておりませんし、何より画面が綺麗です。

もともとケースも使用していなかった為本当に素のiPhoneですが、かなり快適です。ケースは衝撃を吸収することができ、iPhoneの保護として効果的なので一概には言えませんが、やはりiPhoneは素で使うのが一番快適で使いやすいです。

 

もちろん保護フィルムを付けたからこそ防げる傷はあると思います。

しかし、売ることを考えないなら、保護フィルムなしでも普段使いに困る傷はつきませんし、画面も綺麗で使いやすく快適です。

 

保護フィルムを貼るかどうか迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

以上。最後までお読みいただきありがとうございました。