スマホアプリ『どうぶつの森ポケットキャンプ』発表!内容、魅力、課金内容まとめ

f:id:maturikun:20171025163156p:plain

出典:https://ac-pocketcamp.com/ja-JP/site

 

全国のどうぶつ森ファンの方こんにちは!

遂に待望のどうぶつの森のスマホ版が発表されました。今回はゲーム内容からどんなゲームになるのかや、飽きっぽい人でも続くのか、人気ゲームになるのかなどを考えてみたいと思います。

1作目のどうぶつの森が発売されてから、早16年が経とうとしています。当時小学生だった人も時間のない社会人です。

当時熱中してプレイした私も今や時間に追われる社会人となってしまいました。そんな時間のない社会人でも楽しめるかも考えてみます。

 

 

どうぶつの森 ポケットキャンプ概要

 

  • 配信日 2017年11月下旬
  • 会社 Nintendo
  • ジャンル シュミレーション
  • 対応OS iOS/Android

 

今回の舞台は?

今回のスマホ版の舞台はキャンプ場の管理人です!

市長の次はキャンプ場の管理人です。少しスケールダウンした感じはしますが、スマホアプリには最適なコンパクト感ですね。さすがNintendoさん!

家はあるの?

心配されていたスマホ版でも醍醐味である『家』はあるのか!?という問題ですが、今作では『キャンピングカー』が家の代わりになりました。

キャンプ場にキャンピングカーの組み合わせです。いい感じですね!

カスタマイズ性は?

どうぶつの森で大事なのが自由なカスタマイズ性です。

今回はスマホ版なのでその辺りを心配していた方も多いと思いますが、カスタマイズ性は健在です!

家の代わりである『キャンピングカー』だけでなく、『キャンプ場』にも家具やオブジェを配置することができます。

キャラメイクはできる?

キャラメイクも可能です!前作のように質問に答えていく形ではなく、パーツを直接選ぶことができるようになっています。

選べることができるので、自分の思い通りのキャラにすることが可能です。

リアルタイム連動はある?

こちらも他シリーズ同様でリアルタイムで季節、時間が変化します。

エリア移動はある?

こちらもスマホ版ということで心配されていましたが、エリア移動が可能でした。

今回はキャンピングカーで移動するようです!ここでもキャンプ場らしさがあり楽しみな内容ですね。

おなじみのショップはあるのか?

おなじみの『まめつぶ商店』や『エイブルシスターズ』、『靴屋のシャンク』もあります。ただしキャンプ場らしく移動販売車のようになっていそうです。

世界観がしかっり活かされていますね。

 

詳しくはこちらをご覧ください。


どうぶつの森 ポケットキャンプ ダイジェスト映像

 

気になるアプリ内課金について

スマホアプリということで、課金システムがどのようなモノになるのか注目されていました。

発表された課金システムは『時短系』の課金システムとなっています。

というのも、家具やオブジェを作るにはシリーズおなじみの家具職人『カイゾー』に集めた素材を持って行き、家具やオブジェを作ってもらうのですが、大きいオブジェになると待ち時間がかかってしまうそうです。

そこで登場するのが課金システムの『リーフチケット』と呼ばれるモノです。

価格は20枚で120円となっておりゲームを有利に進めることができるようです。

 

リーフチケットの使い方

  • 家具制作時間短縮
  • 魚を一気に採れる網
  • 虫を捕まえられる蜜
  • 鉱石の採掘

 

早く立派なキャンプ場にしたいなら課金をすることで可能の様です。その他噂されていたガチャ要素の情報はない為、時短が主な課金要素となりそうです。

 

スマホ版の魅力ポイント


スマートフォン版 どうぶつの森 Direct 2017.10.25

 

スマホ版ならではの魅力を紹介します。

アプデートでさらなる追加

スマホ版のゲームはアップデートによる機能やアイテム、イベントの追加だ魅力的です。

どうぶつの森でも、アプウデートにより限定イベントや、アイテムの追加が期待されます。

ユーザー数が多いことでのフレンド交流

スマホ版の魅力として普及数の圧倒的な違いがあります。今まではゲームをする為にゲーム機本体を購入する必要がありましたが、スマホはほぼ全員が持っている為、ユーザー数がかなり多くなると思います。

プレイするユーザーが多ければ、どうぶつの森ならではフレンド交流も活発になり、さらに楽しめます。

マルチプレイはあるのか?

どうぶつの森シリーズはマルチプレイで他プレイヤーの村に遊びに行くことができました。今回のスマホ版でもフレンド機能によりフレンドキャンプ場に遊びに行くことができます。

他シリーズと同様に村(今作はキャンプ場)作りの参考にすることができますね!

 

大人世代にも受けるのか? 

現在大人世代にも大人気のゲームといえば、『モンスターストライク』や一時大人気となり今でも根強い人気がある『ポケモンGO』があります。

果たして『どうぶつの森 ポケットキャンプ』はこれらに迫る人気ゲームとなるのか。少し考えてみます。

モンスターストライク
モンスターストライク
開発元:XFLAG, Inc.
無料
posted with アプリーチ
Pokémon GO
Pokémon GO
開発元:Niantic, Inc.
無料
posted with アプリーチ

 

ゲーム時間は?

ほのぼのまったりするのが『どうぶつの森』なので、今回もプレイ時間は長くなると予想されます。

「ちょっとした隙間時間に」 というよりは、「家でじっくり」というのがプレイスタイルになるかと思います。また、リアルタイム連動の為イベントなどに参加できなくなる可能性も高いのではないでしょうか?

大人でもプレイできるのか?

どうぶつの森は基本的に人と争うゲームではないので、マイペースで自分の自由時間に合わせてプレイすることができます。

時間のない社会人でもマイペースにプレイできるので、十分楽しめると思います。

ただし、リアルタイム連動ということなので、平日は常に夜の可能性もあります。

 

まとめ

待望の『どうぶつの森 ポケットキャンプ』は全ての世代で楽しめるゲームです。今までどうぶつの森をプレイしていた方も、初めてプレイする方も、配信が楽しみですね!

追加情報があればこの記事でもどんどん追加して行きます。

 

以上。最後までお読み頂きありがとうございました。