カメラ好きがMacを選ぶ5つの理由|クリエイターとMacは最高のコンビ

f:id:maturikun:20170830215412j:plain

こんにちは!この記事にお越しいただきありがとうございます。

よくフォトグラファーやクリエイターがMacを使用しているところ見ますが、なぜなのか疑問に思ったことはないですか?

今日はカメラ好きの僕がパソコンをWindowsではなく、Macにした体験談を元に、なぜフォトグラファーやクリエイターがMacを愛するのかを紹介します。

WindowsとMacで悩んでいる方もぜひ参考にしてください。

 

MacとWindowsの違い

f:id:maturikun:20170903154502j:plain

まずは簡単にMacとWindowsの違いを紹介します。

OSが違う

MacはAppleが製造しているパソコンというだけでなく、OSが『macOS』というApple独自のOSです。その為macOSを使いたいならMacのパソコンを購入しなければなりません。

逆に『Windows』はMicrosoftが作っているOSを、他のメーカーがパソコンに搭載しています。

簡単に言うと『iOS』と『Android』のようなもので、AndroidはGoogleが作ったOSですが、端末はSONYなど様々なスマホがあります。iOSはAppleが作ったOSで、iPhoneにしか搭載されていません。

 

Apple製品との連携が素晴らしい

OSとハード両方を作っているからこそ、Apple製品は連携が素晴らしいです。iPhoneとパソコンを連携している方も多いと思いますが、全てApple製品に統一することにより、さらなる連携強化が可能です。

画像一つ送るにも、MacとiPhoneなら一瞬でワイヤレスで可能です。

 

トラックパッドが使いやすい

MacのトラックパッドはiPhoneのような直感的な操作が可能で、マウスを必要としません。

これこそハードとOS共に開発している強みだと言えます。OSとハードの相性が抜群で、Macの操作性はWindowsと比べて格段に上です。

 

キーボードの配置の違い

MacとWindowsではキーボードの配置も違います。

違うと言っても、大きくは変わらないので安心してください。何が違うかと言うと『かな』と『英数字』の切替キーの配置などの違いです。

ほとんどのキー配置は同じですが、若干の違いがあります。これも最初は慣れないかもしれませんが、Macの方が慣れると使いやすいです。

また『command』や『option』などWindowsにはないキーがありますが『Ctrl』『alt』の代わりのようなもので、特に気にする必要はありません。Macはショートカットキーが多いので慣れれば作業効率が格段に上がります。

 

対応しているソフトの数

これはWindowsの圧勝です。Mac対応のソフトが少ないので、フリーソフトを多く使っている方はwindowの方が良いと思います。

しかし、Macは買った時点で必要最低限の優秀なソフトが備わっているので、Windowsのように後で買い足すことが少ないです。

Officeソフトにも対応しているので、特に困ることはありません。AdobeのPhotoshopなどももちろんMacに対応しているので、主要ソフトは全て対応していると思っても問題ないです。

 

f:id:maturikun:20170903161857j:plain

 

それでは本題の『カメラ好きがMacを選ぶ理由』を紹介します。

 

1.ディスプレイがキレイ

f:id:maturikun:20170830163910j:plain

簡単に言うと写真が上手くなります。 

正確には写真が上手くなったように感じます。今までWindowsのパソコンを使用していた時に解像感に満足が行かず、「自分は写真を撮るのが下手だな〜」と思っていました。

しかし、MacBook Proに変えたとたん、今までに撮った写真がまるで別物に生まれ変わりました。

これはRetinaディスプレイのおかげなのですが、Retinaディスプレイは本当に素晴らしいです!

 

Retinaディスプレイとは

Retinaディスプレイは、Apple製品のうち、100〜200dpi程度であった従来の倍の解像度、高画素密度のディスプレイを指す名称で、『Retina』(レティナ)は英語で『網膜』という意味で、画素が細かく人間の目で識別できる限界を超えているということから命名されました。

これがガラスに色を塗ったような「ツルッ」とした、バッキバッキの絵が映る理由です。

簡単に言うとドット感がない感じです。わかりづらくてすいません。

 

Macのディスプレイの良さ

Retinaディスプレイはただの高画質ディスプレイとは違います。スペック表では語れない美しさがあります。特に色を重要視するフォトグラファーなどのクリエイターにとって、実際どんな風に見えているかはとても大事なことです。

色の発色が実際の色と近いと言われているMacのディスプレイはクリエイターにとって最高のディスプレイなのです!

 

2.直感的な操作が可能

f:id:maturikun:20170903164445j:plain

MacはiPhoneのような直感的な操作が可能です。

僕がMacBook Proを買って半年が経ちましたが、未だにマウスを使ったことがありません。毎日数時間以上Macに触れていますが、マウスを必要としたことがありません。

Macはトラックパッドが非常に便利でキーボード下にiPhoneを置いているかのような気分になります。

 

ジェスチャー操作が便利

iPhoneなのでお馴染みのジェスチャーがMacのトラックパッドでそのまま使用することができます。

例えば画面のスクロールもマウスをコロコロ回す必要がありません。指2本でなぞるだけで、快適にスクロールできます。

拡大・縮小も指2本でスマホのように操作するだけです。他のパソコンにもトラックパッドはありますが、Macのトラックパッドはスマホ画面のように反応性が高く、操作が快適です。

 

画面の切り替えが簡単

ノートパソコンだと画面が小さく一つのソフトを画面一杯に広げてしまうと、他のソフトが見れなくなります。しかし、Macはデスクトップの切り替えが指だけで可能です。

指3本で横にスワイプすると、全く新しいデスクトップ画面に移行できます。

 

これでウインドウを全画面表示にしていても、指3本で横にスワイプするだけで、新しいデスクトップ画面に移行できるので、別デスクトップで違うソフトを開けば1台のパソコンで何台ものパソコンを使用しているような操作が可能でう。

 

Macはやりたい事に集中できる

macOSはやりたいことを集中してできるようなOSです。

実際に使って見るのが1番早いのですが、パソコンを使っているというより、文房具を使っている感覚に近く、Macが作業台のような役割をしてくれます。

これが作業に没頭する必要があるクリエイターに愛される理由です。

 

3.デザインセンスが抜群

f:id:maturikun:20170903170808p:plain

Macの最大の魅力は所有感だ!

Macはパソコンと思えない程のデザインセンスがあり、持っているだけで満足する圧倒的な所有感があります。

使っていなくても、部屋にあるだけ嬉しくなるパソコンは他にないのではないでしょうか?

よく『スタバでドヤ顔できる』と言われますが、まさしくその通りです。

クライアントの仕事を受けたクリエイターが客先でMacBookを広げるだけで、仕事ができるやつと思わせることができるのではないかと思います。

クリエイターだけなく、単なるカメラ好きが、写真を撮り終えてパソコンに写す時に、それがMacというだけで幸せな気分になれます。

パソコンにここまでのブランド価値があるのはMacならでは魅力です。

 

画面を開く時に本体が持ち上がらない

Macのノート型パソコンの魅力で、どうしても伝えたいのが『画面を開く時に下側の本体が一緒に持ち上がらない』ということです。

普通のノートパソコンの画面を開くと、下側が一緒に持ち上がるので、下側を押さえておく必要がありますよね?

Macはそんなことありません。重量バランスが適正なので、画面を開く時に下側が持ち上げれられません。

こういう細かな所にこだわっているのが、Macデザインの素晴らしさとも言えます!ぜひ体感して見てください。

f:id:maturikun:20170903171535j:plain

 

4.コスパが良い

f:id:maturikun:20170903171900j:plain

よくMacはコスパが悪いと言われていますが、実はそうではありません。

編集スペックが必要なフォトグラファー・クリエイターにはMacが1番コスパのパソコンなのです。その理由を紹介します。

 

高級ディスプレイを搭載している

MacのRetinaディスプレイの凄さはわかっていただけたと思いますが、高性能なディスプレイの価格を知っていますか?

4Kディスプレイや5Kディスプレイを別途購入しようと思えば、ディスプレイだけで10万〜30万円程必要です。

iMacなら27インチ 5K Retinaディスプレイと高性能なCPUの一体型パソコンが20万円で買うことができます。このクラスのディスプレイを別に買おうと思えば、ディスプレイだけでiMacが買える金額になってしまいます。

 

高性能ソフトが付属

macOS程完成されたOSは他にありません。また、それだけでなく『iMovie』や『GarageBand』などの高性能編集ソフトが最初からインストールされています。

WindowsのOfficeソフトに該当する『Numbers』『Keynote』『Pages』なども最初からインストールされています。

WindowsでもOfficeソフトを付属させると数万円の追加料金が必要ですが、Macは最初からインストールされているので、追加で購入する必要がありません。

最初からインストールされているソフトだけで5万円以上の価値があります。

 

適切にチューニングされたスペック 

Macはもちろんカスタムしてスペックをあげることが可能ですが、必要なスペックが最初から備わる組み立て方をしています。

必要なスペックが保証されているような感じで、どのMacを買っても快適な動作が保証されるでしょう。

スペック表を見なくても安心して購入できるのは素晴らしいですね。もちろん自分の用途にあった選択は必要ですが。

 

5.MacはOSが素晴らしすぎる

f:id:maturikun:20170903173840p:plain

出典:https://www.apple.com/jp/imac/macos/

 

これまでに何度も出て被っているかもしれませんが、MacのOSは本当に完璧です。

素晴らしいmacOSの一例を紹介します。

 

外部デバイスの取り外しがドロップするだけ

外付けHDDの取り外しをする時にWindowsなら、右クリック→安全に取り外すの操作が必要ですが、Macはアイコンをゴミ箱にドロップするだけです。

もちろんゴミ箱に入れるのではなく、外部デバイスのアイコンをドロップしている間だけ、ゴミ箱が取り外しマークに変わります。

 

このような感じです⬇︎

youtu.be

 

起動が爆速

パソコンの起動が億劫でパソコンを使うことが少ない方もいるかもしれませんが、Macならスマホを開ける感じで、パソコンを起動することができます。

  • パソコンを開く・・・勝手に起動される
  • パスワードを要求される・・・ここまで2秒
  • パスワード入力・・・2秒程
  • 起動画面・・・だいたい10秒ぐらい
  • 起動完了・・・トータル17秒

 

起動までのステップと時間はたったこれだけです。

これならすぐに作業に取りかかれるので、作業にも趣味にも最高のパフォーマンスです。 

 

まとめ

f:id:maturikun:20170903171855j:plain

カメラ好き・フォトグラファー・クリエイターがMacを選ぶ理由がわかったでしょうか?

Macはクリエイターの作業を最高レベルでアシストしてくれます。もちろん仕事で使う人だけでなく。趣味として使う人にも、感動と幸せを与えてくれる唯一無二のデバイスです。

Macを買うかどうか迷っている方にもぜひオススメします。

 

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。