読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IMAGINATION

レビューブログになり損ねた雑記ブログ

 

キヤノン EOS 6D Mark II発売間近!? 噂されているスペックまとめ

f:id:maturikun:20170507154707j:plain

引用:Amazon.co.jp: EOS 6D

 

こんにちは!この記事に起こし頂きありがとうございます。そろそろフルサイズ機が欲しいmaturikunです。

 

今年は待望のキヤノン EOS 6Dの後継機種である『EOS 6D Mark II』が発売されると噂されています。現行機種の6Dは2012年11月の発売なので約5年が経過しようとしています。その間にもライバル機種は続々と登場しているので、手軽にフルサイズ機を手にしたい方は待ちわびているのではないでしょうか?

 

 

EOS 6Dとは? EOS 6Dの魅力

 キヤノン EOD 6Dは2012年11月に発売されたハイアマチュアモデルの一眼レフカメラです。

最大の特徴はセンサーサイズがフルサイズ機にも関わらず、重量が約680gと小型で、価格もフルサイズ機にしてはリーズナブルで初心者にも優しい一眼レフカメラです。

キヤノンのフルサイズ機はEOS 1Dシリーズ、EOS 5Dシリーズ、EOS 6Dのみとなっており、EOS 6D以外のカメラはボディだけで30万円を超え手軽に始めるには敷居が高くなっています。そん中で10万円代で買えるEOS 6Dは軽やかに手にすることができ人気のモデルです。

 

EOS 6D Mark Ⅱの噂まとめ 

 視野率100%の光学ファインダー
バリアングルモニター
タッチパネル液晶
GPS内蔵
WiFi内蔵
デュアルピクセルAF
測距点45点、全点クロスタイプ
映像エンジン DIGIC 7
連写 6コマ/秒
デュアルSDカードスロット
4K動画 対応
画素数 2800万画素
価格は約20万円

 以上が現在予想されているスペックです 。

このスペックなら即買いですね!上位機種で最近発売されたEOS 5D MarkⅣの価格は約35万円なので、価格差もあり歓迎されそうです。

現行機種と比べてかなりの大幅な性能アップとなっているので、果たしてどこまでが実現されるのか楽しみです。

 

発売日は?

※2017年5月14日更新

Canon Rumorsによると、今年の7月発表で、8月発売になるのでは?と言われています。

あくまで噂ですが発売が近くに迫っている事は間違いないです。

www.canonrumors.com

 

現行機種と予想スペックの比較

f:id:maturikun:20170507154707j:plain

引用:Amazon.co.jp: EOS 6D

現在予想されているスペックと現行モデルのスペックを比較します。

 

EOS 6D

EOS 6D Mark Ⅱ

画素数

2060万画素(総画素数)

2020万画素(有効画素数)

2800万画素

センサーサイズ

フルサイズ

フルサイズ

連写速度

約4.5コマ/秒

約6コマ/秒

映像エンジン

DIGIC 5+

DIGIC 7

視野率

97%

100%

測距点

11点

45点

カードスロット

シングル

デュアル

4K動画

×

Wi-Fi

GPS

バリアングル

モニター

×

タッチパネル

×

重量

680g

不明

価格

約128,000円

(執筆当時)

約200,000円

 

EOS 6D Mark Ⅱは買いなのか?

 

予想スペックなら買い!!

 

現行モデルより大幅に性能アップ されており、予想通りの20万円という価格なら間違いなく買いだと思います。

せっかく一眼レフカメラを買うなら、センサーサイズはフルサイズがいいと思う方も多くと思いますが、上位機種のEOS 5Dは価格、重量面でも敷居が高くずっと持ち歩いていると、肩が壊れます。力のない女性や、旅行で持ち歩く機会がある人は少しでも軽い方が良いと思います。

また、個人的な意見ですが、現行モデルの測距点11点というのが、このクラスの一眼レフカメラの中ではとても性能が悪いので、今回のモデルチェンジで測距点の大幅向上がなされると期待ができるのが嬉しいです。

動画性能に関することはまだよくわかっていませんが、昨今はYouTuberを筆頭に一眼レフカメラで動画撮影をする人も多いので、動画機能の性能もとても気になります。 その点ではバリアングルモニターが採用されるとの噂があるので、これが実現されれば上位機種にも負けないニーズが生まれると思います。ぜひ期待したいです。

あとは、デュアルSDカードスロットが搭載されるとの噂がありますが、この噂はとても興味があります。EOS 6Dはフルサイズ入門機の位置づけにありましたが、デュアルSDカードスロットの搭載されることによってプロ利用も考えられるということになると思います。そうなると価格も高くなりそうですが、こればかりは発表されないとわかりませんね。

 

f:id:maturikun:20170407161956j:plain

まとめ

今年の秋までに発売が予想されているキヤノン EOS 6D Mark Ⅱに関する噂をまとめました。

近々フルサイズ機を買おうと思っている私にとっては、本当に楽しみな事の一つです。EOD 5D Mark Ⅳと迷うほどの性能になれば嬉しい反面、嬉しい意味で迷わせてくれる迷惑な機種になるかもしれません。

正直、5Dは高いと思っている方も多くいると思いますので、そういう人たちの期待の機種になる事は間違いなしです。バリアングルモニターが採用されることによって、キヤノンファンのYouTuberがどうするのかも気になるところです。

情報が発表されれば随時更新して行きますので、よろしくお願いします。