もう発表!?EOS 6D Mark Ⅱの発表秒読みか

f:id:maturikun:20170507154707j:plain

出典:Amazon.co.jp: EOS 6D

 

こんにちは!

この記事に起こし頂きありがとうございます。

 

2017/6/14更新

発表は6月29日か!?

 

遂にデジカメinfoさんにこちらの記事が掲載されました。

キヤノンが近日中に6D Mark II とKiss X7後継機を発表することを確認? - デジカメinfo

 

この他のサイトにもEOS 6D Mark ⅡとEOS kiss X7後継機発表に関する噂が掲載されています。これはもう発表秒読みと言ったところではないでしょうか。

この記事では、楽しみでしょうがないという気持ちを記事にして置こうと思い、期待することと、購入をどうするかを書きたいと思います。

 

 

  

EOS 6D Mark Ⅱの噂まとめ 

 噂についてのまとめ記事はこちら

www.maturikun.com

 

ここで改めて現在噂されていることをまとめす。

  •  視野率100%の光学ファインダー
  • バリアングルモニター
  • タッチパネル液晶
  • GPS内蔵
  • WiFi内蔵
  • デュアルピクセルAF
  • 測距点45点、全点クロスタイプ
  • 映像エンジン DIGIC 7
  • 連写 6コマ/秒
  • デュアルSDカードスロット
  • 4K動画 対応
  • 画素数 2800万画素
  • 価格は約20万円

 

噂はこのような感じですね。どこまでの機能が搭載されるかはわかりませんが、正直この噂の全てが搭載されるとは思えません。

 

現行機種と予想スペックの比較

 

f:id:maturikun:20170507154707j:plain

出典:Amazon.co.jp: EOS 6D

現在予想されているスペックと現行モデルのスペックを比較します。

 

EOS 6D

EOS 6D Mark Ⅱ

画素数

2060万画素(総画素数)

2020万画素(有効画素数)

2800万画素

センサーサイズ

フルサイズ

フルサイズ

連写速度

約4.5コマ/秒

約6コマ/秒

映像エンジン

DIGIC 5+

DIGIC 7

視野率

97%

100%

測距点

11点

45点

カードスロット

シングル

デュアル

4K動画

×

Wi-Fi

GPS

バリアングル

モニター

×

タッチパネル

×

重量

680g

不明

価格

約128,000円

(執筆当時)

約200,000円

 

この機種に対する期待

 最近はカメラも本格派の機種が人気のようで、フルサイズの本格一眼レフカメラが気になる人も多いのではと思います。私も本格一眼レフカメラの購入を考えている1人なのですが、最上位機種の購入はかなり財布に厳しいです。財布どころか通帳に厳しいです。

EOS 6Dは庶民が手に届くフルサイズ機種なのですが、現行機種のスペックでは本格派というより、入門用フルサイズ一眼レフカメラと言われても仕方がない気がします。

EOS 5D Mark Ⅳも最近発売されたカメラなので、EOS 6D Mark Ⅱが登場すれば購入を迷っている人の選択肢も揃うことになります。EOS 6D Mark Ⅱが満足できるカメラでなければ他のメーカーへの乗り換えも現実味を帯びてくるでしょう。

 という訳で個人的にこの機種には今後のカメラ業界の命運を分けると言っても過言ではないほど注目しています。

 

絶対欲しい機能

 Canonさん、

この機能だけはお願いします!

 

今のカメラ業界を引っ張っているのは間違いなくSONYです。SONYのカメラにはCanon好きの私でさえ浮気しそうになる機能がたくさんあります。

これはプロ業界でも同じのようで、プロですらSONYに乗り換える人が増えているのです。特にCanonは新しい機能や分野の導入が遅く導入された時には、他メーカーはさらに新しい機能がついている程に遅いです。

 絶対に必要と思う機能を紹介します。

 

バリアングルモニター

この機能は上位機種でも絶対に必要と思います。できればSONYのようなチルト式が良いです。

f:id:maturikun:20170613230917j:plain

出典:http://www.sony.jp/ichigan/products/ILCE-9/

 写真を撮る人はチルト式のバリアングルモニターが良いかもしれませんが、動画を撮る人はチルト式じゃない方が良いかもしれません。どちらにせよバリアングルモニターは必須です。

EOS 5D Mark Ⅳにも採用される噂がありましたが、結局採用されませんでした。このことがネックで買わなかった人もいるような気がします。

人混みの中での撮影なら手をあげて撮ることもありますし、その逆で手を下げて撮影することもあります。バリアングルモニターは撮影の可能性を広げてくれますし、そこまで邪魔になる物でもありません。上位機種は何十万円もする機種なのですから、下位機種でできることは全て備わっていても良いのではないでしょうか?

特にCanonさんは一眼ムービーの先駆者でもあります。動画撮るなら特にバリアングル液晶は必要ですよ!

この機能が備わっていなければ本気で乗り換えを検討します。

 

測距点の大幅アップ

 現行機種の測距点11点って寂しくない?

確かに本格一眼レフカメラが欲しいのならEOS 5D Mark Ⅳを買えば?と思うのも仕方がないと思いますが、測距点11じゃ買う気になれません。

違うメーカーの同価格帯のカメラと比べてもあまりにも性能が低すぎます。

Canonさんのカメラのコスパが悪いとは言われていますが、そのイメージを払拭するぐらいの機能アップをお願いします。

 

まとめ

 

私は諸事情があり、今後1年以内に上位機種のカメラが必要です。Canonさんが好きなので、できればCanonさんのカメラを今後も使いたいのですが、EOS 5Dは新作がでたばかりで今後1年間の新作はまずないと思うので、EOS 6D Mark Ⅱが最後のチャンスとなります。

長い目で見た時に必ずバリアングル液晶は必要と思っているので、もし搭載されないのであればSONYのカメラ購入も現実味を帯びてきます。

本当に楽しみでもあり、不安でもある発表です。

では、発表を待ちたいと思います!