読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IMAGINATION

レビューブログになり損ねた雑記ブログ

 

写真の今後を考える 2017年2月

 f:id:maturikun:20170220170009j:plain

 

こんにちは!

カメラに魅了されて8年が経ちました。

今回は写真について思うことを語りたいと思います。

 

以前写真か動画かという記事を書きました。今回もそれに関連することで、気になる事があるので紹介します。 

maturikun.hatenablog.jp

 

 

写真の良さとは

 

  • データ容量が少なく扱いやすい
  • 気軽に誰でも見ることができる
  • 動画に比べて高画質

 

 パッと浮かんだのはこんな感じです。

写真は扱いやすく高画質なのでやはり現在でも思い出保存の定番ですよね。僕も写真を撮るのが好きです。頻繁に見返すことは少ないですけど、写真がある安心感とたまに見返すととても幸せです。何より写真を撮ること自体楽しいです。

 

 写真が大好きなので将来ちょっとお高い一眼レフカメラの購入も考えています。今は入門機の一眼レフカメラを使用しています。しかし、今後の写真について少し不安なところがあります…

 

 

身近になった動画

 

 ここ数年で一気に動画の需要が高まったと感じないですか?

 

 僕はすごく動画が身近になったと感じています。詳しくはないですが、今は個人のブログを見るよりYouTuberの動画を見ている人の方が多いのではと思います。

 

個人的に動画が身近になった理由は

  • 音声がありより楽しめる
  • 簡単に高画質動画が撮影できる
  • YouTuberの登場

 

 こんな感じかなーと思ってます。僕自身も欲しい物があるときに個人ブログではなくyoutuberの商品紹介動画を見ることの方が多いと思います。動画の方が圧倒的に情報量が多く実際に使っているところが見えるのでかなりわかりやすいです。そしてながら見をすることができます。

 

 いけないことだと思いますが最近読む力の低下や書く力の低下が若干ではありますが、社会問題になりつつあります。それは大げさかもしれないけどブログを見る人より動画を見る人の方が多くなったと言い換えることができるかもしれません。かなり強引ですが(笑) まぁそれほど動画が普及したということだと思います。

  

今後の心配事

 

一眼レフカメラで写真を撮る人より動画を撮る人の方が多くなるのでは?

 

 まず、この心配があります。僕は将来お高い一眼レフカメラを欲しいと思っていますが、今良い一眼レフカメラを買うより。一眼レフカメラとビデオカメラ両方にお金をかけた方がいいのでは?と思ったりもします。

 

 スライドショーが喜ばれなくなる?

 

 旅行に行った後に、撮った写真でスライドショーを作成しています。今はこれで十分と感じていますが今後はどうなんだろーと思います。例えば動画を短く編集してそれをつなげた動画の方が喜ばれるのではないか?そう思うことも増えました。

 

 例えば僕の旅行の9割はディズニーリゾートへの旅行なのですが、フォトロケーションでいつも写真を撮ります。しかし、これを動画にした方が後々いいのではないか?

 音声も残るし

 周りの雰囲気も伝わるし

 ピンボケの心配

 表情の心配もありません

 

 写真を見せると古いと言われる時代がくる?

 

 たまに自分の子供時代のアルバムや、両親の若い時のアルバムを見ると不思議と幸せな気分になりますよね(笑) 当然写真の鮮明さや画質は年月が経つたびに綺麗になっていますが、それでもアルバムはいい物です。

 

 しかし、それは昔も一昔前も写真で残すのが主流だったからで今後は動画をアルバムに残すことが当たり前になってくるのかなと感じます。僕が子供の頃に撮って貰ったどビデオはテープですし多分残っていません(笑) でも、今はパソコンにデータとして保存できますし、外付けHDDで簡単にバックアップを取ることもできます。そして無駄に長いシーンが続いたとしても必要なシーンだけ簡単に切り取ることができそれらをつなぎ合わせると立派な動画に仕上がります。

 

 これは新しいアルバムになると思いませんか?これほどにまで動画が身近になると写真にだけにこだわっている場合ではありません。実際に写真専用機であるはずの一眼レフカメラでさえ動画性能を問われる時代です。youtuberの方々はほぼ動画性能しか見ていません。

  

やはり今後は動画なのかな…

 

 色々考えると写真だけ取るより動画も上手く組み合わせて行った方がより良いアルバムが作れる気がしています。今はデータの転送速度やデータ容量に関しても、まだまだ動画が扱いやすいとは言えませんが確実に容量や速度は上がってきています。今後の動画の波においていかれないように動画を撮り管理することにも慣れなければと考えています。

 

 まとめになりますが、僕は一般人なので趣味にかけられるお金はあまり多くはありません。なので趣味は一つに絞りカメラを選びました。少し前までは写真さえ綺麗に取れれば良いと思っていましたが、今後は動画も必要だということを肌で感じています。次回の旅行からは写真だけでなく、動画も撮りたい思います。

 

 動画カメラマンデビューします!!

 

 この意気込みで頑張りたいと思います。写真か動画かで迷っている方に、ぜひ読んでいただければと思います。コメントもお待ちしていますのでよろしくお願いします。

 

以上最後までお読みいただき、ありがとうございました。