読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IMAGINATION

レビューブログになり損ねた雑記ブログ

 

写真か動画か

こんにちは!

久しぶりのカメラ記事です。

 

f:id:maturikun:20170121124154j:plain

 

 みなさんは旅行やイベントの大切なシーンをどのように残していますか?

 

写真で残す人、動画で残す人、心に思い出として残す人

いろいろなパターンがあると思います。

 

僕はできれば形に残る物で残したいと思っています。

 

現在の撮影機材

Canon EOS kiss x7(入門モデルの一眼レフカメラ

iPhone 6 plus

 

 旅行やここ一番の大切な写真はほとんど一眼レフカメラで撮影しています。思い出写真をスマホで残すことはほんとんどないと思います。

 

 しかし、普段から一眼レフカメラを持ち歩くのは邪魔になるし、観光地でもない限り周囲から不思議がられると思います。そういう時はスマホがとても便利なので日常的な写真はほとんどスマホで撮影しています。

 

ここからが本題ですが

 

思い出を写真で残すか、動画で残すかです。

 

 一昔前だと写真で残すのが一般的だったと思いますが、今はパソコンやスマホの進化により写真を撮るのも、動画で撮るのも手間としてはどちらも変わりません。また、動画撮影機材の性能アップにより、手軽に高画質の動画が残すことができるようになり、ストレージに関しても大幅な容量アップにより容量的に取り扱いが大変ということがなくなりました。

 

 ということは、写真のメリットであった手軽に思い出を残すという事が動画でも可能になりました。いよいよどっちでも良くなったという事です。

 もちろん、写真も動画もそれぞれに魅力があるのでどちらも必要ということには変わりませんが、カメラ好きの一般庶民はどちらをメインにするかという悩みがでてきました。(僕だけがそう思っていたらすいません)

 

 機材を見て頂ければお分かりになると思いますが、僕のメインは写真です。むしろ動画を撮るということはほとんどありません。しかしスマホの登場で動画が非常に身近になった今は動画を見る機会の方が多い気がしています。将来のアルバムは紙ファイルではなく、スマホに変わっている気がします。また、写真をしみじみと見て思い出を思い出すのもすばらしいですが、見返した時により感動するのは動画のような気がします。

 

動画の素晴らしさとは?

 

 動画の素晴らしさとは一体に何でしょう。

 

 僕は圧倒的な情報量だと思います。写真を見てその一瞬の風景から思い出を思いですのもすばらしいと思います。しかし、動画にはその時の音や、表情、話し声までも感じる事ができます。これは動画にしかできないことであり、動画の素晴らしさだと思います。

 

写真好きがなぜ動画に魅了されるようになったのか?

 僕は写真を撮る事が好きで、今まで動画を撮ろうと思ったことはありませんでした。しかし、旅行の思い出をまとめた動画をYouTubeで見るとその素晴らしさに圧倒されました。その動画はビデオ撮影だけでなく、スライドショーと動画を組み合わせてたもので、思い出を振り返るには素晴らしい仕上がりになっていました。写真と動画を組みわせたアルバムがベストなんだと感じました。

 

結論

 少し本題からずれましたが、結局出た結論としては、写真か動画かではなく、どちらも扱えるのがベストということです。ということで今後は写真を極めるのではなく、写真と動画の両立を目指した素人カメラマンになれるように機材を揃えていきたいと思います。また、一人で撮影を原則に考え動画と写真を両立するにはどのスタイルが良いかも考えていきます。デビュー戦は次回の旅行というのを目標にします。